町医者の備忘録

大阪市都島区内代町で開業している、やぎクリニックの矢木泰弘と申します。このブログをきっかけに一人でも多くの患者さんが苦痛ない生活を送れればと思い、緩和ケア領域の論文を中心に私なりに紹介できたらと考えています。

2015年05月

オクトレオチド(商品名:サンドスタチン)は腸管閉塞における腸管分泌液抑制のために投与されています。悪性腸管閉塞の標準療法(ステロイド、ラニチジン)にオクトレオチドを併用した場合の嘔吐の頻度について検討されています。Double-Blind, Placebo-Controlled, Randomi ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 簡便性がいいことから多用されている貼付薬、薬剤としてはフェンタニル、ブプレノルフィン製剤があります。この論文はフェンタニルとブプレノルフィンの経皮吸収製剤についてまとめたレビューです。Dosing considerations with transdermal formulations of fentanyl and b ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャーナルの最新号のletterから選択した論文です。全身状態が不良の患者さんの不眠への対応、経口摂取も困難なことも多く難渋します。そのような場合でのベンゾジアゼピンの注射製剤の皮下投与の有効性について述べられています。ベンゾジアゼピンとしてミダゾラムとフル ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブプレノルフィンのレビューです。Buprenorphine.J pain Symptom Manage.  2013 May;45(5):939-49. ブプレノルフィンは慢性がん疼痛、非がん性疼痛、オピオイド依存症の治療において復活を遂げてきている。予備的データーでは、モルヒネや他のオピオイドと比べてブプレノ ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ