町医者の備忘録

大阪市都島区内代町で開業している、やぎクリニックの矢木泰弘と申します。このブログをきっかけに一人でも多くの患者さんが苦痛ない生活を送れればと思い、緩和ケア領域の論文を中心に私なりに紹介できたらと考えています。

カテゴリ: 支持療法

 化学療法誘発性末梢神経障害に対するデュロキセチンの効果について行われたRCTの報告です。抗がん剤で末梢神経障害を来す薬剤は数多くあり治療継続の観点からも症状のコントロールは重要であります。タキサン系抗がん剤による末梢神経障害に牛車腎気丸が有用との報告もあり ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 タキサン系抗がん剤であるパクリタキセルはさまざまながん腫の標準療法のレジメンに含まれている抗悪性腫瘍薬です。パクリタキセルに良く認める有害事象として痺れなどを来す神経障害があり、時に治療の継続に関わるほど辛い症状を来します。治療継続できるレベルにコント ...
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ